本会主催・後援・関連団体学会、講習会、研修会

千葉県理学療法士会が主催、後援、関連団体の学会、講習会、研修会を掲載しております。

講習会・研修会

理学療法技術講習会(京都府理学療法士会主催)


[内容]身体運動学と理学療法A
[開催日時]2022年8月6日(土)9:30(開始)-8月7日(日)17:50(終了)
[開催会場]京都大学医学部人間健康科学科
[講師]市橋則明・建内宏重(京都大学大学院医学研究科)
[定員]48名
[受講費]20,000円(講習会資料冊子を含む)
[申込締切日]2022年7月7日(木) 
[申込方法等]詳細は下記をご参照ください。
理学療法技術講習会(身体A).pdf

訪問リハビリテーション実務者研修会(中央研修)


[主催]日本理学療法士協会・日本作業療法士協会・日本言語聴覚士協会
[日時]2022年8月20日(土)
[要旨]例年、各都道府県士会が3士会合同で『訪問リハビリテーション実務者研修会』を開催しておりますが、
    令和3年度は特例の措置として、訪問リハビリテーション振興財団主催でも同等の研修会を開催いたします。
    本研修では
    ・国民のための有益なサービスである訪問リハビリテーション等のサービスの保全
    ・制度化を目指し、3協会一丸となって全国で一体的に取り組んでいく為の情報収集
    ・トピックとしてコロナ感染対策に関する最新情報
    をお伝えいたします。
[会場]オンライン開催
[ホームページ]訪問リハビリテーション実務者研修会
[お申込み]申し込みフォーム

第28回訪問リハビリテーション管理者養成研修会 STEP1


[主 催]リハビリテーション専門職団体協議会(日本理学療法士協会・日本作業療法士協会・日本言語聴覚士協会)
[要 旨]訪問リハビリテーションのスペシャリストを育成するため、3協会合同の唯一の人材教育プログラムです。
     これからの地域リハビリテーションに従事するために必要な項目が網羅されており、現場で実践できる内容から、
     管理運営まで総合的に学べ、訪問だけでなく通所系リハビリテーションに従事している方にも有用な内容になっております。
     訪問・通所系に従事している方、これから従事する予定の方、現在管理職を務めている方、これから管理職を目指す方など、多くの方の
    受講をお待ちしております。
[日 時]2022年9月17日(土)~18日(日)
[会 場]オンライン開催
[ホームぺージ]研修会HP

[お申込み]株式会社geneホームページよりお申込みください。
  ・各都道府県主催の実務者研修会を受講された方:既受講者受付フォーム
    7月4日(月)より受付開始
  ・未受講の方:未受講者受付フォーム
    7月11日(月)より受付開始


学術大会

第57回日本理学療法学術研修大会 in とやま


テーマ:臨床技能の伝承
    ~プロフェッショナリズムの追求~
会 期:2022年7月9日(土)・10日(日)
会 場:富山国際会議場・富山市民プラザ
    富山リハビリテーション医療福祉大学校
ちらし:第57回日本理学療法学術研修大会inとやま.pdf
大会Instagram:https://www.instagram.com/57.nikken.toyama/

内容、事前登録などは大会HP(下記リンク)をご確認ください。

第41回関東甲信越ブロック理学療法士学会


テーマ:新しいスタンダードの構築に向けて
    ―令和の理学療法の進み方―
会 期:2022年9月10日(土)・11日(日)
    ライブ配信 2022年9月10日(土)・11日(日)
    オンデマンド開催 2022年9月10日(土)~30日(金)
会 場:日本教育会館・WEB配信のハイブリッド形式

チラシを作成しました。
   第41回関東甲信越ブロック理学療法学会チラシ.pdf


内容、事前登録などは大会HP(下記リンク)をご確認ください。

第27回日本基礎理学療法学会


テーマ:臨床における理学療法効果の科学的証明~基礎研究の臨床への還元~
会期:2022年10月1日(土)~ 2日(日)
会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)+WEB配信のハイブリッド形式
大会長:鈴木俊明 (関西医療大学大学院)
プログラム:
<大会長基調講演>
・臨床における理学療法効果の科学的証明ー基礎研究の臨床への還元ー
  講師:鈴木 俊明 大会長 (関西医療大学) 
<特別講演>
・基礎理学療法研究での臨床神経生理学の応用
  講師:木村 淳 先生 (アイオワ大学) 
ホームページへ

第38回東海北陸理学療法学術大会


主催者名:東海北陸ブロック理学療法士協議会
開催日時:2022年10月29日(土)・30日(日)
会場:オンライン開催
定員:1,000名
参加費:日本理学療法士協会 会員:5,400円/非会員:10,000円/学生(大学院生は除く):1,000円
申込期間:2022年5月~2022年10月(詳細未定)
申込方法:大会専用WEBサイトから登録
問い合わせ先:第38回東海北陸理学療法学術大会 運営事務局
 詳細・お申し込みは

第11回日本支援工学理学療法学会学術大会


会期:2022年12月3日(土曜日)~12月4日(日曜日)
会場:北海道医療大学当別キャンパス(北海道石狩郡)
   北海道医療大学サテライトキャンパス(札幌市)
(講演・シンポジウム会場)
なお、本大会の開催方式について、対面及びオンライン併用のハイブリット方式とする。
学術大会長:鈴木英樹(北海道医療大学)
副学術大会長:春名弘一(北海道科学大学)
メインテーマ:「社会情勢を踏まえた『地域理学療法実践と支援工学的視点・技術の融合』」

 詳しくは、大会ホ-ムページへ

第9回日本スポーツ理学療法学会学術大会


テーマ:コンビテンシーの科学研究
    -Injury prevention, Acute intervention, Rehabilitation and Performance enhancement-
期日:2022年12月10日(土)・11日(日)
会場:TOC有明 Convention Hall,東京
学術大会長:相澤純也(順天堂大学)
学術大会HP:https://procomu.jp/jsspt2022/
大会事務局:東京医科歯科大学スポーツ医歯学診療センター
      担当者:大見武弘(E-mail:ohmi.spt@tmd.ac.jp)



第9回日本スポーツPT学会ポスター.pdf

第62回近畿理学療法学術大会


テーマ:理学療法の創発
    -医療・介護・予防分野での可能性-
期日:2023年2月5日(日)
会場:ハイブリッド開催
   和歌山県民文化会館
大会長:安井常正(新宮市立医療センター)
学術大会HP:第62回近畿理学療法学術大会



ちらし:第62回近畿理学療法学術大会ポスター